こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 2018年夏休み中学生・高校生三陸減災スタディ合宿交流サポートボランティア大募集

    更新日:2018/10/11

    2018年夏休み中学生・高校生三陸減災スタディ合宿交流サポートボランティア大募集

    三陸復興観光コンシェルジェセンター
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    44033486bf-1525599467133.jpg

    2018年夏休み中学生・高校生三陸減災スタディ合宿交流サポートボランティア大募集 東日本大震災伝え人 語り部ガイド、生きた教材から学ぶ被災地ツアー、減災体験・避難所体験プログラムをご用意しております。

    活動テーマ
    • 防災
    • 減災
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • 宮城
    必要経費

    無料

    ●減災合宿費:有料
    ●減災体験プログラム参加費:有料
    ●語り部ガイド参加費:有料
    ※詳細は事務局にご確認ください

    活動日程

    ■活動日時
    ①8月4日(土)〜9日(木)※この期間の6日8時〜8日19時のみでも可能
    ②8月11日(土)~12日(日)この期間12日8時~20時のみでも可能
    ③8月26日(日)〜29日(水)※この期間の27日8時〜29日10時のみでも可能

    募集対象

    [条件]

    ・平成30年7月現在、満12 歳以上(中学生以上)の方で心身共に健康な方で中学生~高校生まで限定
    ※但し中学生・高校生は未成年保護者承諾書が必要

    ・現地集合現地解散ができる方※最寄り駅からの有料送迎も可能です

    ・自己管理、自己責任において減災体験活動、避難所体験活動ができる方

    ・現地でのボランティア業務に理解があり、互助ボランティア活動に関心のある方

    注目ポイント
    • 次の災害に備える為に生きた教材を学べる東日本大震災伝え人語り部ガイドコースに参加できます!!
    • 東日本大震災交流ボランティアに参加できます!!
    • 全国から来る中学生・高校生と地域間交流と減災スタディ合宿の中で共に次の災害に備える為に避難所体験プログラムから学ぶ。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • 小中学生
    募集人数

    7名

    関連スキル
    • 写真撮影/画像編集

    募集詳細

    2018年夏休み中学生・高校生三陸減災スタディ合宿交流サポートボランティア大募集♪

    三陸復興観光コンシェルジェセンター


    [条件]

    ・平成30年7月現在、満12 歳以上(中学生以上)の方で心身共に健康な方で中学生~高校生まで限定

    ※但し中学生・高校生は未成年保護者承諾書が必要

    ・現地集合現地解散ができる方※最寄り駅からの有料送迎も可能です

    ・自己管理、自己責任において減災体験活動、避難所体験活動ができる方

    ・現地でのボランティア業務に理解があり、互助ボランティア活動に関心のある方


    [募集期間] 募集開始: 5/20 募集終了: 8/20


    [情報詳細]減災スタディ合宿とは?

     八年目の東日本大震災志縁ボランティアとしての考え方の一つに、せっかく来て頂いたボランティアの方々と仮設 住宅の方々との交流や、素晴らしい景観、復興した観光地、美味しいグルメ等、たくさんの人や事や物を堪能して 満喫して帰って欲しいと現地の方とおもてなしを真剣に考え行動しています。 そして最大の持ち帰って欲しい事の一つとして、 東日本大震災での多くの無念を東北だけの事に留めず、これからの日本全体の事として考えなければ、次の災害に備える「生きる力」が理解されずに多くの悲劇を繰り返す事になります。

     2011.3.11 被災者がどれだけ過酷な環境に身を置かねばならなかったのかを理解する一つの手段として、「東日本大震災伝え人 語り部ガイド」「生きた教材から学ぶ被災地ツアー」「減災体験、避難所体験プログラム」をご用意しております。 この事を通じて、非日常の生活を体験し、自らの経験を通して学んで頂き、災害時の生きる術を身に着けて頂く事 で次の災害に「備える力」「生きる力」を身に着ける事ができると考えます。 ぜひとも今年の夏に、これからの未来を見据えた減災活動を浜松の高校生とご一緒に考え行動を共にして有意義な時間となるように創り上げていきませんか♪


    ■三陸減災スタディ合宿の魅力は何?

    〇次の災害に備える為に生きた教材を学べる東日本大震災伝え人語り部ガイドコースに参加できます!!

    7月の件サマースクールの予定を一例にすると、

    1日目は、カルチャー体験〜南三陸語り部~南三陸海の自然体験〜災害時避難所体験〜宿泊施設にて共助合宿

    二日目は、山の自然体験〜海のボランティア体験〜地域の方々と夕食交流会

    三日目は、シーフードバーベキュー〜恋人岬幸せの鐘建立除幕式〜振り返り

    廻り最後に減災講話、そこでしか見れない津波動画を被災した方々から直接学べます。決して二度と同じ悲劇は繰り返してほしくないという一つの想いによりこの語り部ガイドは実現できている事を先ずは訪れてみないとわかりません!!そのためには自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の心で学んでください。


    〇東日本大震災交流ボランティアに参加できます!!

    全国から来る中学生・高校生と一緒に被災した人達と中学生・高校生とボランティアとで一緒に体験活動に参加できます!!


    ○全国から来る中学生・高校生と地域間交流と減災スタディ合宿の中で共に次の災害に備える為に避難所体験プログラムから学ぶ。

    辛いだけではなく、この合宿の中では南三陸町ならではの海や山の自然体験、ボランティア体験する事で夏休みの心身を一段と集中力が高められパワーを共有できる事もあります。

    更には海や山の体験やバーベーキューをしたり、ニュー泊崎荘で綺麗な日の出がみれるかも?南三陸ホテル観洋の海が一望できる東日本最大級の露天風呂に入浴出来たり三陸ならではの海の幸を堪能で来たり美味しい食べ物の楽しみもありますよ♪♪


    ■活動日時

    ①8月4日(土)〜9日(木)※この期間の6日8時〜8日19時のみでも可能

    ②8月11日(土)~12日(日)この期間12日8時~20時のみでも可能

    ③8月26日(日)〜29日(水)※この期間の27日8時〜29日10時のみでも可能


    ■集合場所 ・解散場所

    ①②宮城県気仙沼市本吉町平貝29番地1小泉公民館

    ■募集人数 各①②③七名限定

    ※中学生・高校生・大学生大歓迎

    ■合宿費 有料※詳細は事務局にご確認下さい。


    ■お申し込み方法/センター事務局

    2018年夏休み中学生・高校生三陸減災スタディ合宿交流サポートボランティア大募集♪の件について、お名前(ふりがなもお願い致します)、いつでも御連絡がとれる連絡番号、参加予定期間、現地までの交通手段を先ずはメール

    にてお知らせ下さい。メール到着次第数日の期間にてこちらからご連絡させて頂きます。

    1 週間経っても御連絡がない場合、恐れ入りますが再度メールをお願い致します。


    ■団体情報

    三陸復興観光コンシェルジェセンター事務局 番号 070-5018-1023

    ※電波環境により繋がらない場合、不在時の場合もございますので予めご了承下さい。

    ★ツイッター

    ★facebook

    ★南三陸牡蠣倶楽部ホームページ

    ★南三陸牡蠣倶楽部facebook


    ■その他

    東日本大震災から七年、また復旧すらしていない地域もある中、日本のあちこちでは既に復興したかのように報道されている6年目の中で、被災地のニーズは変わりつつあります。 それは町が出来る事が復興だと報道されたりしていますが、私達現地の人間は、被災した人達の日常を取り戻し心が幸せを感じる生活を取り戻してこそ、真の復興と考えるからでありそれにはまだまだ格差の溝を埋めるための時間がかかります。 ですが六年目を迎え、津波により過去最大の被害を受けていない場所に住んでいる方々は少しずつ過去のこととしてこの東日本大震災を過去の遺物としてとらえているように感じられてなりません。 震災後拡がった支援の輪も、現在は縮小化してきています。 このままで本当にいいのでしょうか?

    自分が震災にあっていないから、普通の生活を送っている、それでいいのでしょうか?

    被災地の現状を少しでも多くの方に見てもらいたい、知ってもらいたい、そのためには日本人一人一人の次の災害に備える準備がとても大切な存在になり、いざという時の災害時にとても大きな力を発揮すると思います。必ずや訪れる過去最大の大災害が来る前に一度は、一度ならずともこの最前線現場にこのチャンスに足を向けてみてください。必ずやあなたにとっての宝物が一つは見つかるはずです。東日本大震災から六年目の復旧半ばの最前 線現場にて心よりお待ちしております♪

    ■キーワード

    随時 東北 宮城県 気仙沼 小泉 南三陸 南三陸ホテル観洋 ニュー泊崎荘 明神崎荘 金比羅丸 むすびや 南三陸牡蠣倶楽部 恋人岬 海の見える命の森 減災体験 中学生 高校生 大学生 夏休み 学生 合宿 7月 8月 コミュニティ スタディツアー ボランティア

    • e8137c84e1-1525599606459.jpg
    • 7e29727d64-1525599500951.jpg
    • d583a61e79-1610064_555727787880970_6983321920829076041_n.jpg

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん
    • 真面目・本気
    • 4b36c796e0-1525599403247.jpg

    法人情報

    Mainvisualdefault
    Avatar

    三陸復興観光コンシェルジェセンター

    代表者

    高橋宮倫子

    設立年

    2017年

    法人格

    未設定

    三陸復興観光コンシェルジェセンターの法人活動理念

    東日本大震災から七年が過ぎてニュースでは復興を遂げたあちこちの場所が映し出されたり活字に掲載されております。


    そんなメディアには流れていない大津波により被災した沿岸部のあちこちには、未だに復興どころか復旧さえしていない現実がまだまだ至るところに見受けられ、私達最前現場に留まり一緒に光を見出せる真の復興の旗印は「復興創生」です。

    つまりは新しいインフラが出来るだけでなく、人の心の復興となりえる新しい場所づくりや、豊かな気持ちで幸せを感じられるお互い様の関係を構築できるための人と人との交流促進を6年10か月に渡りぶれずにまっすぐに活動を邁進しております。

    そんな活動が八年目に入りこれからの南三陸町における真の復興へ邁進する為にも全国からのボランティアの皆さんからの力添えを糧に、皆さんと本当の笑顔や元気にたどり着けるその日までご一緒に場所づくり交流

    をよろしくお願い致します

    三陸復興観光コンシェルジェセンターの法人活動内容

    東日本大震災にて被災した南三陸町を中心に、岩手、宮城、福島にまたがる三陸復興観光国立公園を三陸復興観光コンシェルジュとして三陸の魅力を紹介します。

    「見ておきたいだけで、被災地と言われた東北の海に行ってもいいですか?」


    この問いに三陸復興観光コンシェルジェセンターは、


    「是非どうぞ」


    とお答えします。



    東日本大震災から八年目となった今は、全国からボランティアしたい一方的な想いでの支援にならないように、現地コンシェルジェが地元の想いや、支援ではなく今何が必要な志縁かをきちんとつなぎ手として調整して、


    更には「被災地を見て学んで次の災害に備えたい」


    「東北の海の幸である美味しいものを食べてゆっくり温泉三昧に行きたい」


    「東北の四季折々の景観や観光を楽しみたい」


    そんな全ての想いやその時にしかできない想い出を形にするのが、三陸復興観光コンシェルジェセンターです。


    更に現地コンシェルジェとして、東北復興の現場最前線での三陸復興観光コンシェルジェセンターの一員としてしっかりと、人と人との交流をメインに、全国や世界からたくさん訪れて頂ける方々と地元の方々との笑顔を育み、元気にふれあえる志縁活動を推進させて頂きます。


    お気軽にお問い合わせや現地案内窓口にお尋ねください。心よりお待ち申し上げております。

    減災スタディツアー・合宿

    1000年に一度の東日本大震災からの教訓を活かす減災スタディツアー、合宿プラン

    Go to 三陸復興国立公園観光プラン

    三陸復興国立公園観光プラン

    三陸復興国立公園を巡る着地型観光プラン

    Go to 有名観光地旅行プラン

    有名観光地旅行プラン

    世界遺産平泉、日本三景松島と繋がった復興観光旅行プラン

    Go to 沿岸宿泊施設連携復興観光プラン

    沿岸宿泊施設連携復興観光プラン

    沿岸宿泊施設連携復興観光プラン

    三陸復興観光コンシェルジェセンターのボランティア募集

    三陸復興観光コンシェルジェセンターの職員・バイト募集