こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 【WEB管理者募集】ニッポンの田舎に特化したWEBメディア開設プロジェクト!

    更新日:2018/01/29

    【WEB管理者募集】ニッポンの田舎に特化したWEBメディア開設プロジェクト!

    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろし + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    ff51f871a8-DSC_0045.JPG

    WEBサイト構築に携わって下さるメンバーを募集!田舎のリアルを伝え、「自分のスキルを田舎の為に使いたい!」というアツい志を持った仲間を増やす、新たなローカルWEBメディア【のろし】まもなく始動!!

    活動テーマ
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • 東京
    必要経費

    無料

    ※MTG時の交通費や、農山漁村へ打ち合わせ等で行く場合の費用は自費とさせていただきます

    活動日程

    随時活動(活動期間:1年以上の長期)

    ※最低でも半年以上に渡って、長期的にコミットをして頂ける方を募集しています

    活動頻度

    週0〜1回

    基本的には週に一度程度、週末土日に集まって活動、MTGを行います

    募集対象

    ※原則として社会人の方を募集していますが、私たちの思いに共感してくださった学生の方も歓迎します

    注目ポイント
    • WEBサイト作成のスキルを活かした活動が出来ます!
    • 今秋始まったばかり!新規事業の立ち上げメンバーの一員になれます!
    対象身分/年齢
    • 社会人
    募集人数

    2名

    関連スキル
    • Web・アプリ制作

    募集詳細

    ================

    WEBの立ち上げメンバーを募集!

    ================

    今回募集しているのは、WEBメディア「のろし」のWEBサイトをゼロから作って下さる方です。


    WEBサイト構築を自らの手で行える、そんなスキルをお持ちの方を募集しております。


    WEBサイトのデザインや構成といった内容は、「のろし」運営チーム全員で

    アイデア出しなどを行います。


    ですので、そこで出されたチームみんなの思いを整理し、

    WEBという形にまとめ上げて下さる方を

    今、私たちは求めています。



    あなたのスキルを活かして

    「のろし」の顔となる、素敵なWEBサイト作成を

    私たちと一緒に行ってみませんか?


    ※WEB作成に限らずとも、活動に関心のある方はまずはご連絡ください



    ===========

     具体的な活動内容

    ===========

    「のろし」は、都内の20代・30代の社会人有志が集まって今秋活動を始めたばかりです!

    (12月現在、運営メンバーは6人のみ(男性4人、女性2人))


    それぞれ、サラリーマンとしての仕事がありますので、

    「のろし」の活動は基本的に休日に行っています。


    もちろん、仕事が繁忙期の時は、活動を少しセーブしてOK。

    自身の生活を乱すことがないように配慮しながら活動を進めていこうと思っています!


    今回募集している「WEBサイト作成者」の方には

    私たちと同じ「のろし」運営メンバーの一員として

    「WEB担当リーダー」をお任せしたいと思っています。


    以下が、主な活動内容です。


    【ミーティングへの参加】

    2週間に一回程度、週末の土日に、「のろし」運営メンバー全員で集まって

    数時間ミーティングを行います(@都内)


    【WEBに関わる個人作業】

    WEBサイト立ち上げに当たっての作業は、基本的に個人でのPC作業が多いかと思います。

    そういった作業は、各自自宅等で行っていただきたいと思っています

    (全員から意見を聞きたい場合などは、必要に応じてMTG、電話会議等を行います!)


    【集落への取材など】(希望者のみ)

    希望される場合は、他の「のろし」運営メンバーなどと共に

    全国各地の農山漁村へ行き、地域の方へのインタビューなどを行います

    (@全国、週末・土日に行います)



    ===========

     スケジュール

    ===========


    今後のスケジュールは以下のように考えています

    (★の日程は開けておいていただけますと助かります。参加できなくてももちろん結構です)



    ★2018年1月27-28日(土日)

    千葉県市原市内の集落へ、取材に行きます

    (WEBサイト用の写真撮影等も行います)



    ■2018年2月

    ・無料WEBサイト作成サービス※を利用して、

    WEBメディア「のろし」の仮サイトを作成・オープン

    (※WIX、Jimdo、ameba owndなど)


    ・(希望者のみ)全国の集落へ取材に行き、記事の執筆を行います

    (その際、取材の様子をSNSにアップして、「のろし」のPR活動を行います)


    ・「のろし」に載せる記事をメンバーから受け取り、それをWEBにアップ(以降随時実施)



    ★2018年3月10日(土)


    ・認定NPO法人共存の森ネットワーク主催イベントにおいて

    「のろし」の開設記念お披露目を実施

    (@東京都庁 来場者300人程度(例年実績))



    ■~2018年3月末


    ・サーバー、ドメイン等を取得し、「のろし」のオリジナルサイトのベースを作ります

    (3月末までに、サイトのたたき台をメンバーに共有できている状態を目指します)



    =============

    代表・峯川の思い

    =============

    ※長いですが、読んでいただけますと嬉しいです。



    ■いとおしい、という気持ち


    人が、自分以外の何かに対して「いとおしいな」と思う瞬間、

    とても素敵だなと思っています。


    SNSのタイムラインに流れてきた、動物の赤ちゃんの写真に心ときめいたり

    たまたまつけたTVに、好きな俳優・女優が出ていてうれしくなったり

    町ですれ違った親子連れの、子供と目が合って照れてしまったり・・・


    何に対して感じるか、自分でも整理がつかないけども

    ふとした瞬間に感じる「いとおしい」という感情。


    「いとおしい」と思える、その対象がもっと広がれば、

    私たちは、日本人は、社会は、もっとあたたかい存在になれるはずです。



    ■「おひとりさま」とその関心の対象範囲

    いまや、女性の7人にひとり、男性の4人にひとりは生涯未婚であると言われてます。

    34歳以下の未婚者に限れば、男女ともに6割近くが恋人すらいないという調査結果もあります。

    単身者、おひとりさまを悪く言うつもりは全くありません。

    正直、私自身も、誰かと群れるより一人で過ごしたいな、と思ってしまうところがあります。



    ■「名目」として使われる「地域」というキーワード

    一方で、日本全国を見渡せば、やれ地方創生だ、まちづくりだ、地域活性化だということで

    多くのお金が動く「名目」として、日本の田舎は注目を集めています。

    しかし、お金を多く投入すれば、それで田舎は幸せになれるのでしょうか。



    ■お金ではなく「気持ち」

    決して多くはないですが、私自身この7年余に様々な田舎を見てきました。

    お金をかけて、施設を作っても、イベントをやっても・・・「何か」が足りない。

    そう、「人の気持ち」が足りないのです。

    道の駅を作っても、そこを利用する人が地域のことに関心を持ってくれないと、地域の人は少し寂しくなる。

    イベントにどれだけ多くのメディアの取材が来ても、

    「来年も行きたいです!」と一人の人に言ってもらえたら、

    それだけでやった甲斐があったなと思える。



    ■まとめ ~「のろし」を通じてつくりたい未来~

    今回新たに立ち上げる「のろし」では、

    地域の方にインタビューし、地域の魅力や課題、今後チャレンジしたいことなどを

    語って頂き、それをインタビュー記事としてWEBに載せます


    そんな「のろし」を見た若手社会人の方には

    「ぜひ私が、この集落の、この方の力になりたい!」

    という気持ちになってほしいと思っています。


    そして、「のろし」がきっかけとなり、プロボノワーカーとして

    集落に入って頂き、集落の課題解決を行う。

    そんなきっかけ作りが、「のろし」で行えたらいいと思っています。


    いわば、「集落と、東京のサラリーマンとのマッチングサービス」ともいえます。


    しかし、「のろし」が本当に目指したいのは

    現代、特に都市では忘れがちな、自分以外の他者に対して

    「いとおしい」という感情を持つこと。


    その感情が生まれる瞬間をつくっていきたいと思っています。

    • 402f75e9d2-_MG_1148.jpg

      「のろし」は、「認定NPO法人共存の森ネットワーク」理事を務める峯川による新事業です。写真のように、全国から高校生が100人集まる【聞き書き甲子園】の運営などを行っています

    • 5adaa0365f-IMG_1192.JPG

      「聞き書き甲子園」では、農林漁業を30年以上営む「名人」を、高校生が一人で聞き書き取材に行き、その人の人生を聞き書き作品(インタビュー作品)にまとめます

    • 3823db1b8e-12.JPG

      聞き書き甲子園は2017年で16年目の開催となり、全国に1000人以上の「名人」とのネットワークがあります。「のろし」ではそのネットワークも活用していく予定です

    体験談・雰囲気

    このボランティアの雰囲気

    ~メンバー合宿の様子

    2017年12月9~10日(土日)

    千葉県にて

    「のろし」運営メンバー合宿が行われました!

    地場産ジビエが目玉の観光農園にて(真冬の!)屋外BBQで親交を深め

    集落の方々へ、二日間みっちり「聞き書き取材」を行いました!



    2018年1月現在、メンバーは8人となり、いよいよ本格的に活動が始まっていきます!

    WEB制作が行えるメンバーなど、引き続き運営メンバー募集中です!

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 土日中心
    雰囲気
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:60%、女性:40%

    • d5107f13e0-_DSC4487.jpg

      12/10、のろしメンバー合宿にて。地域の方への取材の様子

    団体情報

    Articles 8588b0de0c header image 1503825892
    Square small 40c64c7713 picture 20190416122226

    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろし

    代表者

    共同代表:峯川大、吉田柾長、荒井隆太郎

    設立年

    2017年

    法人格

    任意団体

    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろしの団体活動理念




    「のろし」は、地域と自分の「しあわせ」をつくる "福業" による地域活性化に取り組んでいる団体です。


    「地域に関わりたい!」という意欲を持った20・30代の会社員が集まり、本業と掛け持ちで "福業" を行なっています。


    社会の課題と、私の興味・関心を繋げ、"福業"を生み出す。
    そんな "福業" プラットフォーム が「のろし」です!


    画像1


    ~~~~~~~~~~~~~~
    ※ "福業" とは
    地域 と 自分 の 「しあわせ」 をつくる広義の「しごと」のこと。
    のろしによる造語です。
    ~~~~~~~~~~~~~~






    1)活動目的

    "福業" の創出・実践を通じ、世の中に「しあわせ」を増やすこと




    2)活動のキーワード

    「いとおしい」


    地域にある「いと・惜しい(=もったいない)」モノゴトから
    「愛おしい」愛着を生み出すことを大切にしています。



    3)取り組んでいる "福業"

    「のろし」では、千葉県市原市を中心に、全国様々な地域を舞台に "福業" に取り組んでいます!
    いずれの"福業"も、「いと・惜しい」モノゴト(=地域課題など)から着想しているのが特徴です。

    「のろし」メンバーは、既存の"福業"に参画しても、自分で新たに"福業"を立ち上げてもOKです!

    そんな私たちの "福業" の一例をご紹介いたします!



    3-1)布地や木材のアップサイクル

    画像4


    タンスの肥やしになっていたり、このままでは廃棄処分されてしまう・・・そんな古着や着物、木材など「いと・惜しい」素材をリメイクしています




    ■ 「キメコミアート」作品づくり

    画像5


    画像26




    ■ 廃材を組み合わせた「飾り棚」

    画像6


    画像27





    ーーーーーーーーーー


    3-2)遊休不動産の利活用

    画像27

    立派な施設なのに、あまり有効活用できていない・・・そんな、活用の余地がある「いと・惜しい」施設を拠点に、施設周辺地域の活性化に取り組んでいます。


    画像17
    ▲現在は、市原市の「旧・鶴舞青年の家」を使わせて頂いています。
    100人規模の宿泊も可能、研修室からグラウンド、体育館、そして裏山まで(笑)。多少の古さはありますが、設備としては充実しています。



    ■ 2019年5月:バーベキューイベント開催

    画像25

    画像20




    ■ 2019年8月:盆踊り大会に出展(映画上映会等の実施)

    画像26

    画像27




    ーーーーーーーーーー



    3-3)地域紹介マップ等の制作

    画像21


    地域にある知られざる「いと・惜しい」名所(知名度のない場所)や魅力を取り上げたマップ等の紙媒体をデザインしています。





    ■ 2018年度~
    「市原鶴舞バスターミナル」の利用促進を目的にしたマップ・ポスター・チラシ・時刻表の制作を委託して頂いています。

    鶴舞BTマップ2018完成版_ページ_1




    ーーーーーーーーーー



    4)企業・行政との取り組み


    4-1)株式会社パソナ 様

    画像22

    同社が運営する、東京駅前の観光案内所「TRAVEL HUB MIX」で「関係人口」をテーマに、「自分らしい地域との関わり方」を考えるイベントを開催しました!
    (2018年度・2019年度)




    ~~~~~~~~

    ※関係人口 とは
    「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域と多様に関わる人々を指す言葉です。
    ( 総務省「関係人口」ポータルサイトより引用 )
    ~~~~~~~~



    ■ 2018年9月27日(木)19時~

    TOP画像カット版




    ▽協力:グラフィックレコーディング なかそねことみさん







    ■ 2019年3月19日(火)19時~


    画像30






    ▽協力

    クラウドファンディングサービス「Kanatta」 様


    「アイデアを考えて終わり」というイベントにしたくない!ということで、イベント後にクラウドファンディングに挑戦できる特典を用意して頂きました。

    また、イベント中には、クラウドファンディングについての説明や、参加者へのフィードバック等を行なって頂きました。

    画像25





    テレビ電話出演:
    津和野町 地域おこし協力隊 舟山 宏樹 さん


    ご自身もクラファン経験者。本イベント出演直前に119%の達成率でクラファンを成功されました!おめでとうございます!

    画像31

    画像30

    画像24





    ーーーーーーー



    4-2)千葉県市原市 様

    「令和元年度 市原市市民公益活動支援補助事業」に採択頂き、「いちはら "福業"スクール」を行ないます。



    この事業は、市原市内外の住民が協働し、地域課題(=いと・惜しい)を発掘し、それを解決する"福業"プランを考えるプログラムです。

    スライド14

    スライド18







    ーーーーーーー




    4-3)株式会社FromTo 様

    お試し移住サービス「ふらっと住」を開始予定のベンチャー企業・(株)From To 様と協働し、同サービスの認知度向上等を目的にした協働事業を2019年秋以降実施予定です!




    ▽協働事業第一弾は「伊豆」が舞台!
    一泊二日で伊豆を訪ねて、伊豆の知られざる魅力を発掘する人を集めます!


    画像34



    10月26日(土)に都内でイベントを実施!
    イベント参加者の中から選ばれた3名に、伊豆への交通・宿泊費を支給する予定です!








    ーーーーーーーーーーーー




    5)団体概要

    ■名称

    のろし

    (非営利を目的とした任意団体。2020年をめどに法人化予定)




    ■代表者(共同代表)

    峯川大 吉田柾長 荒井隆太郎

    スライド1

    設立3年目を迎える2019年秋より、3人による共同代表制へ移行します!




    ■設立

    2017年10月10日




    ■メンバー

    約30人

    (東京圏で働く20・30代の会社員)







    ーーーーーーーーーー




    6)講演・出演等


    ・Schoo「パラレルワークを始める準備講座」

    生放送コミュニティ「Schoo(スク―)」で放送される「パラレルワークを始める準備講座」に出演させて頂きます(2019年10月予定)





    ・ゼロから学ぶ「関係人口」セミナー

    市原NPO協議会主催、市原市内で初開催となる「関係人口」をテーマにしたセミナーに協力、及び登壇(事例発表)させて頂きました(2018年10月)

    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろしの団体活動内容


    設立者プロフィール

    ===========











    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろしのボランティア募集

    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろしの職員・バイト募集