こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 「集落」に関わる新規事業立ち上げ!学生インターン生募集!

    更新日:2017/12/09

    「集落」に関わる新規事業立ち上げ!学生インターン生募集!

    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろし + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    1e0a518460-IMG_5145.JPG

    Mission:NPOと連携し全国1,000人以上の職人とのネットワークを生かして
    「集落」の明るい未来をつくる新規事業を創出!

    活動テーマ
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • 東京

    主な活動場所は東京都内ですが、思い・やる気があれば東京以外(地方)でも参加可能です

    必要経費

    無料

    活動日程

    まずは来年3月末までは関わって頂きたいと思っています

    活動頻度

    週0〜1回

    月に1~2回、週末の土日のいずれかに都内で活動します

    募集対象

    高校生、大学生

    注目ポイント
    • 全国の地域で活動を展開するNPOの20代の若手理事が手掛ける、学生とのコラボ新事業!
    • 全都道府県に1000人以上の職人&学生とのネットワーク有!どう活かすかはあなた次第!
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    5名

    募集詳細

    ーーーーーーーーーーーーーーー

     はじめに  ~自己紹介~

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    はじめまして。

    任意団体「のろし」代表の峯川です


    私は学生時代から

    認定NPO法人共存の森ネットワーク

    にて理事、副理事長を歴任し


    25歳になった現在、

    サラリーマンとして働きながら

    共存の森ネットワークでも活動し続けています。


    共存の森ネットワークでは、

    農林水産省、文部科学省などとの

    協働事業を行ったり


    全国の集落にいる「名人」1,000人以上を巻き込んだ

    全国規模の様々なプロジェクトを行っています。



    ■集落には可能性がたくさん!

    そういった活動を通じて私は思ったことがあります。


    「集落には数多くのチャンスがある!!」


    稲刈りの人手が足りない。

    観光客を呼びたいのに集まらない。

    あのじいちゃんが亡くなったら、茅葺き屋根をつくれる人がいなくなる。


    そういった危機に、全国の多くの集落は直面しています。


    こんな時こそ

    「アイデア」と「やる気」が

    集落に必要です。


    集落には、決してリスクは多くありません。

    なぜなら、このままじーーっとしていても事態は変わらないから。

    むしろ悪化するばかりです。


    「何かやってみたい」

    あなたのそんな気持ちが、活かせる場所。


    それが、2017年の、日本全国の集落なのです。


    そんな集落でチャレンジしたい学生を今回は募集しています。



    ーーーーーーーーーーーーーー

    応募する前に、理解して頂きたいこと

    ーーーーーーーーーーーーーー

    「やる気と、ちょっとの実力があること


    集落にはリスクはないです。

    失敗しても、強く咎める人は少数です。


    しかし、「中途半端だな」と思われた途端に、事態は一変します。



    最後までやりきること

    学校やバイトが忙しくても、言い訳せずに努力出来ること

    言われたことは素直に受け入れること


    こういった(広い意味での)「やる気」が自分にあるか、

    心の中で問いかけてみてください。


    そして、今回募集しているのは

    あくまで「インターン生」です。


    受動的な、受け身の姿勢ではなく

    自ら動けること。


    既に少し、何かしらの強みを持っていて

    それを活かしたい気持ちがあること。


    そんな学生と、私は真剣に向き合いたいと思います。


    なお、今回のインターン活動は、代表が所属する

    「認定NPO法人共存の森ネットワーク」の学生メンバー、

    及びNPOのインターン生と協働で行う予定です。


    峯川だけでなく、NPOからもインターン生をサポートしますので

    興味がある方はまずはご連絡ください!


    ※説明会に参加後に、インターンとして関わるかどうかを

    御検討いただいて構いません。


    ーーーーーーーーーーーーーー

    認定NPO法人共存の森ネットワークについて

    ーーーーーーーーーーーーーー


    農林水産省などと「聞き書き甲子園」の運営を行っている他

    全国7か所の集落での地域づくり事業や

    10代の学生の若手イノベーターの創出育成事業などを展開中。


    理事長は澁澤寿一。

    (澁澤栄一の曾孫。ハウステンボス立ち上げにも携わる)



    *聞き書き甲子園とは

    毎年全国から選抜された高校生100人が

    全国各地の選ばれし「名人」100人

    (マタギ、伝統工芸士、海女など)

    を取材するプログラム

    2017年度で16年目の開催。

    • b7205ec10f-IMG_7318.JPG

      「聞き書き甲子園」には毎年全国から高校生100人が参加しており、全国にネットワークがあります

    • aa6ed7dc71-IMG_1192.JPG

      聞き書き甲子園での、高校生による名人への取材の様子

    • 18b09b7ff0-intern_communitydevelopment_recruiting_68139_sub1.jpg

      地域づくり事業@新潟の様子

    • 49993b5a4b-IMG_5855.JPG

      活動を共同運営する認定NPO法人共存の森ネットワークの理事長・渋澤はハウステンボス立ち上げに携わった方です

    • 54ec265eae-IMG_5888.JPG

    具体的な活動内容

    今回募集しているのは、「集落」を舞台に新規事業を立ち上げる学生メンバーです。


    どんなことでもできますが、参考に、私が現時点でやってみたいと思っているアイデアをいくつか記載します。

    参考にご覧ください

    (以下のアイデアは、私とともにやり遂げたいという熱い志を持った方と出会い次第取り掛かろうと思っています)



    ・集落住民の「やってみたいこと」「解決したい課題」を可視化し、

    ノウハウややる気のある都市住民と繋げる、人材マッチングサービス


    →「情報発信のため、集落のガイドマップが欲しいけど、つくれる人がいない・・・」

    そんな集落があったとしたら、その集落のことをWEBで取り上げ(インタビュー記事掲載など)

    ガイドマップを作れる東京の社会人(デザイナーや印刷関係の仕事をしている人、など)を見つけ

    その方を集落へ派遣し、ガイドマップつくりを行ってもらう。


    こうした、人材のマッチングサービスの運営を行いたい

    (既にアクティボ内でメンバー募集中。そちらもご覧ください)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ★2018年3月に東京都庁にて行う、「聞き書き甲子園」成果発表イベントにて

    活動の成果を発表予定!


    ↓発表の様子(前年度の様子)


    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    代表・峯川とともにこれまで活動した学生メンバーを紹介します

    「自分が取材した漁師さんが教えてくれた「あごだし」のおいしさを、多くの人に伝えたい・・・」

    そんな思いを持って集まった、福岡と東京の高校生。

    彼女たちは、レシピ動画をつくって、同世代へ「あごだし」の魅力を伝えることを決意ーー

    「踊る大捜査線」などを手掛けた映像クリエーターの方とアポを取り、

    レシピ動画を完成させました



    特徴
    • 土日中心
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん
    • 5ccc56d014-6502018632630.jpg

      事業を成功させた暁には、全国の学生100人以上が集まるイベントにて、事業成果をプレゼンします

    団体情報

    Usersmainimg
    Square small 40c64c7713 picture 20190416122226

    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろし

    代表者

    峯川 大

    設立年

    2017年

    法人格

    任意団体

    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろしの団体活動理念

    「のろし」は、地域と自分の「しあわせ」をつくる "福業" による地域活性化に取り組んでいる団体です。


    「地域に関わりたい!」という意欲を持った20・30代の会社員が集まり、本業と掛け持ちで "福業" を行なっています。


    社会の課題と、私の興味・関心を繋げ、"福業"を生み出す。
    そんな "福業" プラットフォーム が「のろし」です!


    画像1


    ~~~~~~~~~~~~~~
    ※ "福業" とは
    地域 と 自分 の 「しあわせ」 をつくる広義の「しごと」のこと。
    のろしによる造語です。
    ~~~~~~~~~~~~~~





    1)活動目的

    "福業" の創出・実践を通じ、世の中に「しあわせ」を増やすこと




    2)活動のキーワード

    「いとおしい」


    地域にある「いと・惜しい(=もったいない)」モノゴトから
    「愛おしい」愛着を生み出すことを大切にしています。



    3)取り組んでいる "福業"

    「のろし」では、千葉県市原市を中心に、全国様々な地域を舞台に "福業" に取り組んでいます!
    いずれの"福業"も、「いと・惜しい」モノゴト(=地域課題など)から着想しているのが特徴です。

    「のろし」メンバーは、既存の"福業"に参画しても、自分で新たに"福業"を立ち上げてもOKです!

    そんな私たちの "福業" の一例をご紹介いたします!



    3-1)布地や木材のアップサイクル

    画像4


    タンスの肥やしになっていたり、このままでは廃棄処分されてしまう・・・そんな古着や着物、木材など「いと・惜しい」素材をリメイクしています




    ■ 「キメコミアート」作品づくり

    画像5


    画像26




    ■ 廃材を組み合わせた「飾り棚」

    画像6


    画像27





    ーーーーーーーーーー


    3-2)遊休不動産の利活用

    画像27

    立派な施設なのに、あまり有効活用できていない・・・そんな、活用の余地がある「いと・惜しい」施設を拠点に、施設周辺地域の活性化に取り組んでいます。


    画像17
    ▲現在は、市原市の「旧・鶴舞青年の家」を使わせて頂いています。
    100人規模の宿泊も可能、研修室からグラウンド、体育館、そして裏山まで(笑)。多少の古さはありますが、設備としては充実しています。



    ■ 2019年5月:バーベキューイベント開催

    画像25

    画像20




    ■ 2019年8月:盆踊り大会に出展(映画上映会等の実施)

    画像26

    画像27




    ーーーーーーーーーー



    3-3)地域紹介マップ等の制作

    画像21


    地域にある知られざる「いと・惜しい」名所(知名度のない場所)や魅力を取り上げたマップ等の紙媒体をデザインしています。





    ■ 2018年度~
    「市原鶴舞バスターミナル」の利用促進を目的にしたマップ・ポスター・チラシ・時刻表の制作を委託して頂いています。

    鶴舞BTマップ2018完成版_ページ_1




    ーーーーーーーーーー



    4)企業・行政との取り組み


    4-1)株式会社パソナ 様

    画像22

    同社が運営する、東京駅前の観光案内所「TRAVEL HUB MIX」で「関係人口」をテーマに、「自分らしい地域との関わり方」を考えるイベントを開催しました!
    (2018年度・2019年度)




    ~~~~~~~~

    ※関係人口 とは
    「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域と多様に関わる人々を指す言葉です。
    ( 総務省「関係人口」ポータルサイトより引用 )
    ~~~~~~~~



    ■ 2018年9月27日(木)19時~

    TOP画像カット版




    ▽協力:グラフィックレコーディング なかそねことみさん







    ■ 2019年3月19日(火)19時~


    画像30






    ▽協力

    クラウドファンディングサービス「Kanatta」 様


    「アイデアを考えて終わり」というイベントにしたくない!ということで、イベント後にクラウドファンディングに挑戦できる特典を用意して頂きました。

    また、イベント中には、クラウドファンディングについての説明や、参加者へのフィードバック等を行なって頂きました。

    画像25





    テレビ電話出演:
    津和野町 地域おこし協力隊 舟山 宏樹 さん


    ご自身もクラファン経験者。本イベント出演直前に119%の達成率でクラファンを成功されました!おめでとうございます!

    画像31

    画像30

    画像24





    ーーーーーーー



    4-2)千葉県市原市 様

    「令和元年度 市原市市民公益活動支援補助事業」に採択頂き、「いちはら "福業"スクール」を行ないます。



    この事業は、市原市内外の住民が協働し、地域課題(=いと・惜しい)を発掘し、それを解決する"福業"プランを考えるプログラムです。

    スライド14

    スライド18







    ーーーーーーー




    4-3)株式会社FromTo 様

    お試し移住サービス「ふらっと住」を開始予定のベンチャー企業・(株)From To 様と協働し、同サービスの認知度向上等を目的にした協働事業を2019年秋以降実施予定です!




    ▽協働事業第一弾は「伊豆」が舞台!
    一泊二日で伊豆を訪ねて、伊豆の知られざる魅力を発掘する人を集めます!


    画像34



    10月26日(土)に都内でイベントを実施!
    イベント参加者の中から選ばれた3名に、伊豆への交通・宿泊費を支給する予定です!








    ーーーーーーーーーーーー




    5)団体概要

    ■名称

    のろし

    (非営利を目的とした任意団体。2020年をめどに法人化予定)




    ■代表者(共同代表)

    峯川大 吉田柾長 荒井隆太郎

    スライド1

    設立3年目を迎える2019年秋より、3人による共同代表制へ移行します!




    ■設立

    2017年10月10日




    ■メンバー

    約30人

    (東京圏で働く20・30代の会社員)







    ーーーーーーーーーー




    6)講演・出演等


    ・Schoo「パラレルワークを始める準備講座」

    生放送コミュニティ「Schoo(スク―)」で放送される「パラレルワークを始める準備講座」に出演させて頂きます(2019年10月予定)





    ・ゼロから学ぶ「関係人口」セミナー

    市原NPO協議会主催、市原市内で初開催となる「関係人口」をテーマにしたセミナーに協力、及び登壇(事例発表)させて頂きました(2018年10月)

    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろしの団体活動内容


    設立者プロフィール

    ===========











    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろしのボランティア募集

    いとおしいを生み出す”福業”チーム NPOのろしの職員・バイト募集