こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 【あなたもロールモデルに!】中学生対象の学習支援ボランティア講師募集!

更新日:2017/07/17

【あなたもロールモデルに!】中学生対象の学習支援ボランティア講師募集!

認定NPO法人Teach For Japan
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「認定NPO法人Teach For Japan」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

ac29df4d85-singly_children_recruiting_67229_main.jpg

8/21(月)〜8/25(金)に実施する中学生対象の学習支援ボランティア講師を募集中です。いつか教育へチャレンジしたいと思っている学生・社会人の方、「いつかを今に!」この夏、チャレンジしてみませんか?

活動テーマ
活動場所

◆東京23区内

必要経費

無料

◆交通費実費支給(上限あり)

活動日程

◆上記日程に内、2日間以上の参加必須

募集対象

・いつかは、何か、教育へチャレンジしたいと考えている方
・多様なバックグラウンドをもった学生・社会人と、教育について本気で考えたい方
・支援・指導の実践を積みたい方

注目ポイント
  • 中学生への支援・指導の実践を積むことができる!
  • 教育への熱い想いをもった多様な学生・社会人と出会うことができる!
  • あなたのチャレンジが、子どもにとっての大きな転機になる!
対象身分/年齢
募集人数

10名

募集詳細

2017年8月21日(月)〜25日(金)に東京都内中学校にて実施する夏休み学習支援のボランティアスタッフを募集いたします。

本学習支援では、事前に指導力向上研修を受講した上で、中学生への学習支援にあたっていただきます。

実際に中学生と接する経験を積みたい方、自身の指導力を高めたい方は、是非ご参加下さい。

本学習支援への参加申し込みにあたっては、Teach For Japanフェローシップ・プログラムへの応募意思や応募資格の有無は問いません。

来年度以降のフェローシップ・プログラムへの応募を検討されている方も是非ご参加ください。


※ お申し込み多数の場合募集を締め切る可能性もありますのでお早めにお申し込みください。


========================


◆ 実施詳細

日時: 2017年8月21日(月)〜 25日(金)各日 8:00〜15:00
※ 2日間以上参加頂ける方を対象としています。

対象生徒: 中学1年生〜中学3年生 100名程度


支援教科:英語・数学

募集人数: 10名

申込資格:

① 大学生以上
② 学習支援日の2日間以上参加できること
③ 事前研修に参加できること

※ 事前事後研修・授業・その他活動中の動画撮影やアンケートにご協力いただく可能性があります。あらかじめご了承ください。


謝金: なし、交通費実費支給(上限あり。遠方からのご参加の方はご相談ください)

会場: 東京都内(新宿から30分程度。参加決定の方に詳細をお知らせします)

主催: 認定NPO法人 Teach For Japan

協力: 東京都内教育委員会


========================



◆ 参加までの流れ

①選考: 2017年7月中旬〜7月下旬
詳細な時間・場所はお申し込みいただいた方へご案内いたします。

②事前研修: 2017年8月初旬~8月中旬

Teach For Japanの指導力向上・学習支援当日のご案内を兼ねた研修にご参加頂きます。
詳細な時間・場所は選考後ご参加決定した方へご案内いたします。


③学習支援:2017年8月21日(月)〜25日(金)8:00-15:00
各日とも、①準備・生徒迎入れ ②学習支援 ③振り返り・翌日準備の3部構成です。

学習支援ボランティア講師1名に対し、生徒4〜12名のグループ形式の指導・支援を予定しています。


========================



◆ 3つの特徴

①「いつか」を「今」に!5日間のうち2日間で参加可能!
5日間のうち、2日間の参加が必須になっているのが、本学習支援の特徴の1つです。
平日に参加することが難しい社会人の方も、チャレンジされやすいのではないでしょうか?また、学生の方も、様々なことにチャレンジしたい夏休みの中で、ご自身のスケジュールと相談しながら参加日程を組むことができます。
子どもと接する経験を積みたい方、指導力を高めたい方、「いつか」は教育へ関わりたいと思っていた方、是非、この機会にチャレンジしてみてください!


② 多様なバックグラウンドをもった人々と出会える!
1つめの特徴があることから、様々なバックグラウンドをもった方に参加していただいております。これまでの学習支援では、教育学部系の学生はもちろん他の学部の学生の方も、社会人の方では、教育へ関心をもった新聞社の方や元教師の方も参加されていました。自分にはなかった視点や、考え方、そして新しい世界に出会うことができます!
そしてなにより、子どもたちも、教育への熱い想いと、多様なバックグラウンドや強みをもった、たくさんの大人に出会うことになるでしょう。皆さんも、子どもたちのロールモデルになってみませんか?


③ 熱く濃密なリフレクションの時間!
学習支援終了後には毎日、講師及びスタッフ間のリフレクションの時間が設けられています。多様なバックグラウンドをもっているからこそ、それぞれの教育への考え方は異なってきます。時にお互いの意見がぶつかり合うこともあるかもしれません。しかし、「子どもたちにとって」という想いは皆さん変わりません。様々な視点から教育について考えていても、「子どもたちのために」という原点は変わらない。だからこそ、よりよい授業や学びの方法を、お互いに考え深めていくことができるのではないでしょうか?
是非、皆さんも「子どもたちのために」自分は何ができるのか、多様な視点から、一緒に考えてみませんか?


=======================


仕事をされながら数日のお休みをとって参加される社会人の方にとっても、いろんなことにチャレンジしたい学生の方にとっても、単なる指導技術の獲得にはとどまらない、子どもたちにとってよりより授業とは?学びとは?自分にとっての教育とは…?子どもたちとそして自分自身と向き合う、そんな学びの場になることでしょう。
夏の学習支援に関わる全てのひとにとって学びとなる場を、参加者全員一緒に創っていきませんか?


  • 35abcacbf7-singly_children_recruiting_67229_sub1.jpg

    多様なバックグラウンドをもった講師!

  • 13b65639da-singly_children_recruiting_67229_sub1.jpg

    和気あいあいとした研修風景

  • 4da7ae6bd6-singly_children_recruiting_67229_sub1.png

    研修の講師は2期フェローの木村彰宏さん!

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

========= 子どもたちの姿 ===========


■ 少人数のクラスでは、全くタイプの違う生徒たちが集まりましたが、彼らと互いの将来の夢や趣味について話すことが出来たことが印象に残っています。生徒たち自身にとっても、私にとっても、自分の知らない世界があることを知られたことは貴重な体験だったし、互いの夢について「お前かっこいいな!」等互いを尊重しあっているところに感動しました。


■ 部活などの他愛ない世間話も楽しかったですが、問題が解けるようになったときの笑顔や、やる気が出てきたときの顔が、一番印象に残っています。


■「苦手なところができるようになった」と言ってもらえたときはうれしかったです。実際に、何度も説明を重ねるうちに、生徒たちが理解した時の表情を見ることが出来ました。


■ 受け持ったクラスには、「英語が苦手な生徒」や「どうしても英語の勉強をしたくない生徒」がいました。しかし、授業の最終日に子どもたちが「わからなかったことが、ちょっとわかった気がする」「英語、やってもいいかなと思うようになった」「英語が好きになった」と言ってくれた時、とてもうれしかったです。


========================

このボランティアの雰囲気

==== 多様なバックグラウンドをもった熱い仲間たち ====


■ 学生や民間企業で働いている方、絵本を描いている方など、想像以上に多様なバックグラウンドを持つ方々と出会えてよかったです。


■ 教育に対して熱い思いを持った方、社会を少しでもいい方向に持っていきたいと言う方、何かがむしゃらにやりたいと言う方、一人ひとり目的や思いが違っても、子ども達に向かい合う姿は真剣で、仕事や学業の合間を縫ってでも必死に取り組んでいらっしゃる姿に心を打たれました。学習支援終わりには自然と対話の輪が広がり、気づけば色んな先生と色んな角度から教育について遅くまで語る事ができたのも、本当に良い経験でした。


■ 良き人生の転換点となり、
ここで出会った仲間との付き合いは今も続いており、
また今後も長く続きそうです。


===================================



特徴
雰囲気
男女比

男性:40%、女性:60%

法人情報

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

白田直也

設立年

2010年

法人格

認定NPO法人

Teach For Japanの法人活動理念




<Vision>

すべての子どもが、その子にとって素晴らしい教育を受けることのできる社会の実現を目指します。


▼すべての子どもが成長できる教室

すべての子どもたちが素晴らしい教育を受けられる社会に。
各種の国際的な調査では、日本の学校では、世界でも有数の質の高い教育が行われていると評価されています。教育に携わる人々は、私たちを含め、まずそのことを誇るべきだと思います。

とはいえ、解決すべき課題も少なくありません。そして、それらの課題のほとんどは、日本の将来や子どもたちの将来のあるべき姿を鑑みると、緊急性が高いと言わざるをえないものばかりです。

私たちは、さまざまな経験があり、かつ、教育への情熱と成長意欲を兼ね備えた人材を学校現場に派遣し、学校現場の先生方と協働することで、それぞれの教室でより質の高い教育を実現するとともに、その教室や学校での課題解決を促進します。そして、子どもたちの学力や学習意欲を向上させていきます。

このような教育は、一部の子どもたちにしか行われないものであってはなりません。すべての子どもたちが、生まれた環境に関わらず、より質の高い、素晴らしい教育を受けることができる。そして、自分自身の可能性を最大限に拡げていける。私たちは、こうした社会をめざしていきたいと考えています。

Teach For Japanの法人活動内容

<Mission>

素晴らしい教育を受ける機会をより多くの子どもたちに広めるため、教育への情熱と意欲ある若者を選抜し、

指導力の高い教師として、そして社会のリーダーとして貢献するための育成・支援を行います。



◆フェローシップ・プログラム

Teach For Japanは「教育への情熱がある人材を、学校現場に2年間、教師として赴任させる」というモデル、すなわち学校の「外側」からではなく「内側」からの課題解決を行う、フェローシップ・プログラムを運営しています。


教室を、社会を変えていく出発点にするために、私たちは、学校の教室から社会を変えていきたいと考えています。なぜなら、すべての子どもたちが毎日のように通う場所、そしてそうであるがゆえにすべての子どもたちを支援しうる場所。そここそが、学校の教室だからです。

学校に派遣された教師(フェロー)は、まずは、一教師として教室の子どもたちの学力や学習意欲、自己肯定感の向上を実現します。そして、その影響を一つの教室だけに留めることなく、赴任する学校や地域全体に拡げていくことをめざします。さらには、そうした好事例を多くの学校や地域で積み重ねていくことで、日本全体の教育の質を高めていきたいと考えています。


一方で、フェローシップ・プログラムによって与えられるインパクトは、それだけにとどまりません。幅広い経験を持った人材が学校現場で教師として、言い換えれば教育の当事者としての経験をすることで、学校や子どもたちに対して強い想いとリアリティを持った人材を多く輩出することにつながります。

彼ら・彼女らが、プログラムの修了後、教育現場で引き続き教師として実践に関わったり、さまざまなセクターで活躍したりすることで、教育をよりよくしようという議論やアイディア、ムーブメントが社会全体に拡がっていき、教育改革の実現をより確かなものにしていきます。

このように、教室から出発をし、すべての子どもたちを成長させ、地域や社会全体に対して教育改革に向かうインパクトを与えていくこと。それらがわたしたちがめざすものです。

Teach For Japanのボランティア募集

Teach For Japanの職員・バイト募集