1. すぐにでも始められる、あなたにしかできないこと。20代の文通ボランティア募集中。

    更新日:2017/04/23

    すぐにでも始められる、あなたにしかできないこと。20代の文通ボランティア募集中。

    かもめの手紙
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    9f7e1df7b6-singly_children_recruiting_65489main.jpg

    自分の言葉で、知らない誰かの力になりたい。 そんなあなたの真心を待っています。

    活動テーマ
    • 不登校
    • 社会的孤立
    • 引きこもり
    • 無縁社会
    • 被害者支援
    • 家庭内暴力
    • 更生
    活動場所
    • 京都

    京都・大阪・滋賀
    ※文通相手は日本全国です。

    必要経費

    無料

    交通費と郵送費で1000未満。
    随時有料の活動も含みます。

    活動日程

    1〜3ヶ月

    募集対象

    ※20代の、以下に当てはまる方を募集しています。

    ・人の為になりたいと思っている方。
    ・心の触れ合いを通じて、人間的に成長したい方
    ・知らない人の価値観を学んで、豊かな人間性を得たい方
    ・人の心について興味・関心が強い方

    注目ポイント
    • ①人の為になりたいという思いが大事です
    • ②基礎的な心のメカニズムを学べるように、サポートします。
    • ③心から深いつながりを感じられる、やりがいのある活動です
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    3名

    募集詳細

    「かもめの手紙」文通活動


    悩みを抱える青少年や学生との文通を行います。


    日本は競争社会です。

    自分のコミュニティが見いだせず人とのつながりを持てない孤独な学生は、全国に大勢います。

    そんな学生たちにとって、毎日の心の糧になるように、心を開ける場所になれるように、私たちは活動しています。


    活動しているメンバーの中にも、人とのかかわりや人間関係が苦手な人はいます。

    そういうメンバーにも、活動を通じて孤独感や寂しさを乗り越えた先輩たちが親身に相談を聞いてくれる環境を整えています。

    いつの間にか自身の悩みを克服して、人の為に暖かな言葉をかけられる人に成長しています。

    ほぼ毎日活動しています。


    「かもめの手紙」勉強会・外部学習


    外で専門的に、人の心の構造についてレクチャーしているカウンセラーや現役の教職や保育士の主催する勉強会を開催しています。

    まずはそこで、心のしくみ、なぜ悩みが生まれるのか、どんな考え方で悩みは解決していくのかを勉強します。

    それを踏まえて文通活動を行います。

    また、自身の成長にも役立てていただける内容です。




    真剣に。そして、温かく。

    それがわたしたち、「かもめの手紙」です。

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談


    体験談「私がかもめの手紙に参加した理由」


    2016年10月「かもめの手紙」

    from:ハローウィーン感謝祭・ベストレター表彰MTG


    立命館大学 大学院生(男性)

    明石達也


    私は小学校、中学校、大学と、どこでも表面的に取り繕い、ずっと周囲に流されて、目立たぬように生きてきました。


    集まりや飲み会には進んで参加し、キャラクターを作り、友達がたくさんいて毎日が充実しているように見せていました。

    毎日毎日、演技ばかりしていました。


    そんな自分の心が、凍り付いたように動かなくなてしまったのは、二回生の秋でした。

    授業も休み、携帯の電源も切りっぱなしで、部屋の隅っこで何もしないままずっとうずくまるように過ごしている時間が増えました。


    生きてる意味って何だろう。


    心の奥から、押さえきれないほど、そんな声が聞こえてきました。


    そんな時に、家までやってきてくれた友達が進めてくれたのが、このボランティア団体でした。


    私は、自分の周りの人には、外聞が気になって、自分の悩みを打ち明けられずにいました。


    でも、誰とも会わなくていいのなら…という思いで、手紙を出してみました。



    すると、私の一つ上で同じ大学の先輩からお返事がきました。

    手紙の中で、ものすごく深く共感してくれて、体験談を心を込めてつづってくれていました。


    最初は、いきなりは信じられませんでした。

    それでも、また返事がほしくなって、手紙を出しました。


    いつの間にか、心の奥では、

    早く返事が来ないかなと、その手紙が来るのをずっと待っているようになりました。


    それを繰り返しているうちに、いつの間にか、凍り付いていた心が少しづつ溶けてくるのを感じました。


    やがて大学に行けるようになっていた自分がいました。


    そのやり取りの中で解放されてから気づいたのは、自分で自分を閉じ込めていたのだということでした。


    全部、その先輩が手紙越しに教えてくれた、前を向くための考え方のおかげでした。


    「手紙越しなのに、何でこんなに自分の気持ちを理解できるのだろう?」


    そうずっと疑問だったのですが、それは、その先輩が心から、

    私のことを考えてくれていたからなのだと思いました。


    前よりも、友達の数は減りました。

    だけど、前よりもずっと満たされています。


    それは、その後私もこの団体に入り、かつての私のように苦しんでいる人の話を聞き、言葉をかけているからです。


    その中で、同じメンバーとのつながり、手紙の向こうにいる人たちのつながりを通じて、

    「演技なんかしなくても、こんな自分でも誰かに必要とされているんだ」という、

    生まれて初めて、そんな充実感を得ることができました。


    誰かのために心を込めていると、やがて

    「自分は何のために生きているんだろう?」

    「何のために生まれてきたんだろう?」

    という問いかけが、いつのまにか聞こえてこなくなったことに気づきました。


    今は、勉強会にメンバーと参加しながら、自分の心の仕組みを学び、

    より自分自身を開放し、悩みを克服し、もっと人の為になれるような、

    本当の意味での「大人」になりたいと思っています。


    自分の苦しみから抜け出すことも、誰かの苦しみをいやすことも、

    全てはつながっている。


    ここでの活動を通じて、最近はそう思うようになってきました。

    あの時紹介してくれた親友と、勇気を振り絞ってこの団体にかかわってみようと思った一年前の自分に、

    心から感謝しています。


    なにより、あの時本気で私のことを考えてくれた、今は東京にいる先輩に。

    照れくさくて面と向かって今でも言えませんが、

    先輩は私にとって、一生の先輩で、命の恩人です。


    ずっとずっと感謝しています。

    話してるときはいつも何気ない顔ですが、本当はいつも、先輩みたいになりたいと思っています。


    そして、今この体験談を聞いてくれているあなたに、

    この活動を通じて得られる、

    本当に暖かなものを得てほしいと思います。


    ありがとうございました。



    このボランティアの雰囲気

    「かもめの手紙」の雰囲気


    思いやりのある人たちの集まりなので、とてもアットホームで温かい雰囲気の場所です。

    人の気持ちを迎え入れようという包容力のある人が多いです。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 学校終わりから参加
    • 資格・スキルを活かせる
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    関連大学
    • 追手門学院
    • 大阪
    • 大阪府立
    • 関西
    • 京都
    • 同志社
    • 立命館
    男女比

    男性:40%、女性:60%

    団体情報

    Avatar
    Avatar

    かもめの手紙

    設立年

    2013年

    法人格

    学生団体

    かもめの手紙の団体活動理念

    何処かの誰かの心に、灯を。


    孤独な学生が、もう一度前を向くための場所になれるように。


    「かもめの手紙」のメンバー一同、

    みんなで高めあい、励ましあいながら、日夜勉強しています。


    かもめの手紙の団体活動内容

    ①学生との文通活動


    ②そのための心についての勉強会


    この二つを主な二本柱としています。



    ここまで読んで、あなたは私たちの活動に興味をお持ちでしょうか?


    より詳細なご案内をさせていただきます。


    このページには書ききれなかった、

    活動までの流れや、詳細な活動内容についてご案内させていただきますので、

    下のフォームからお問い合わせメールをお送りください。


    Q&Aなどをわかりやすくまとめたメールをお送りして、

    具体的なご紹介をさせていただきます。