こちらのインターンは募集が終了しています。

  1. 京都国際舞台芸術祭 KYOTO EXPERIMENT2016 インターン募集!

    更新日:2016/04/27

    京都国際舞台芸術祭 KYOTO EXPERIMENT2016 インターン募集!

    京都国際舞台芸術祭実行委員会(KYOTO EXPERIMENT事務局)
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    a460eece33-KEX_logo_2016A_02.jpg

    京都発、舞台芸術の未来を創造する現場へ

    活動テーマ
    • 国際交流
    勤務場所
    • 京都

    KYOTO EXPERIMENT事務局(京都市中京区)
    *フェスティバル開催期間中は市内各劇場での作業もあり

    待遇

    無料

    交通費の一部を支給
    傷害保険に加入
    研修スケジュールに応じてフェスティバルの公式プログラム公演が観劇可能

    勤務頻度

    週2〜3回

    募集対象

    舞台芸術、アート、デザインに興味がある方
    フェスティバルの運営、広報に興味のある方
    舞台芸術の制作、あるいはアートマネジメントに興味がある方
    舞台技術(舞台監督・照明・音響・大道具・技術マネジメント)に興味がある方
    語学スキルを活かしたい方(英語、その他外国語)

    ◎採用条件
    18歳以上
    期間中(下記参照)の出勤が可能なこと
    基本的なPCスキルがあること
    事務局スタッフの一員としての自覚と責任をもって仕事が出来ること
    自主性と向上心を持って仕事に臨めること

    注目ポイント
    • アートイベント運営の現場に長期間関わることで、マネジメントの全体像を把握することができます!
    • 運営スタッフの補助的な作業だけでなく、自発性を発揮できる業務もあります!
    • 国内外の先鋭的な舞台作品に出会い、考え方や興味の幅を拡げることができます。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    0名

    募集詳細

    KYOTO EXPERIMENT2016 AUTUMN インターン募集
    ―― 京都発、舞台芸術の未来を創造する現場へ


    京都発の国際舞台芸術祭「KYOTO EXPERIMENT」を共に運営する

    インターン(フェスティバル運営コース、テクニカルコース、広報コース)を募集します。


    2010年に始まった「KYOTO EXPERIMENT」は、演劇・ダンスという既存の枠組みにとらわれず、

    舞台芸術の未来のためのフェスティバルとして、世界各地から先鋭的な舞台芸術作品を紹介しています。

    フェスティバルの現場に触れることは、今後も舞台芸術に携わりたいと考えている方はもちろん、

    そうでなくとも社会人として貴重な体験となることでしょう。


    「KYOTO EXPERIMENT」を共に支え、運営をサポートしてくださる方のご応募をお待ちしています。



    ◎募集内容
    (A)フェスティバル運営コース (B)テクニカルコース (C)広報コース



    ◎募集対象
    舞台芸術、アート、デザインに興味がある方
    フェスティバルの運営、広報に興味のある方
    舞台芸術の制作、あるいはアートマネジメントに興味がある方
    舞台技術(舞台監督・照明・音響・大道具・技術マネジメント)に興味がある方
    語学スキルを活かしたい方(英語、その他外国語)



    ◎研修概要
    2016年6月~2016年12月、6ヶ月間(フェスティバル開催期間:2016年10月22日~11月13日*予定)



    (A)フェスティバル運営コース
    期間 6月・7月・12月…週2日(原則 5時間/日、休憩含む)
    下記を除く8~11月…週3日(原則 5時間/日、休憩含む)
    *フェスティバル開催期間 週5日(原則 8時間/日、休憩含む)
    内容 ・公演制作補助(受付業務、関連企画の運営、サポートスタッフ運営補佐、等)
    ・広報業務補助(印刷物・DM等の発送作業、等)



    (B)テクニカルコース
    期間 下記を除く6~12月…週2日程度(原則 5時間/日、休憩含む)
    *フェスティバル開催期間…週5日(原則 8時間/日、休憩含む)
    内容 ・テクニカルコーディネーター補助
    (会場入り前の打ち合わせ・手配の補佐、舞台美術の制作補佐、
    舞台設営/リハーサルの進行の立会・補佐、公演本番の進行補佐、等)
    *9月までは概ねフェスティバル運営コースと同じ研修内容となります。



    (C)広報コース
    期間 6月…週2日程度(原則 5時間/日、休憩含む)
    7~11月…週3日程度(原則 5時間/日、休憩含む)
    12月…週2日程度(原則 5時間/日、休憩含む)



    内容 ・広報業務補助
    (広報物の編集・校正・配架補佐、簡易チラシ等の制作、ウェブサイト・SNS等のコンテンツ制作・運用、
    取材対応・記者会見実施補佐、プロモーションイベント(ブックフェア、ツアー等)の立案・実施、等)



    (A)フェスティバル運営コース、(B)テクニカルコース、(C)広報コース共通研修内容
    ・事務局運営補助(電話応対、来客応対、チケット販売、ミーティングの進行補佐、等)



    *進路や年度による都合は応相談
    *勤務時間は下記KYOTO EXPERIMENT事務局営業時間内で応相談
    6~7月 (平日)10:00-19:00/8~10月(月〜土) 10:00-20:00/
    フェスティバル開催期間 10:00-22:00/12月 (平日)10:00-19:00
    *原則土日祝は休日ですが、フェスティバル開催期間中はその限りではありません。



    ◎採用条件
    18歳以上
    期間中(上記参照)の出勤が可能なこと
    基本的なPCスキルがあること
    事務局スタッフの一員としての自覚と責任をもって仕事が出来ること
    自主性と向上心を持って仕事に臨めること



    ◎待遇
    交通費の一部を支給
    傷害保険に加入
    研修スケジュールに応じてフェスティバルの公式プログラム公演が観劇可能



    ◎募集人数
    若干名



    ◎勤務地
    KYOTO EXPERIMENT事務局(京都市中京区)
    *フェスティバル開催期間中は市内各劇場での作業もあり



    ◎選考方法
    書類選考の後、面接を行います。
    書類選考の結果は、4月末日にご連絡します。
    面接は5月上旬、採用のお知らせは5月中旬頃を予定しています。

    ◎応募方法

    応募用紙を下記サイトよりダウンロードもしくはKYOTO EXPERIMENT事務局で受け取り、
    必要事項を記入の上、事務局まで郵送してください。直接持参も可能です。FAX、メールでの送付は不可となります。

    KYOTO EXPERIMENT事務局営業時間:平日11:00-19:00


    ◎お問い合わせ先

    京都国際舞台芸術祭実行委員会(KYOTO EXPERIMENT事務局)
    〒604-8152 京都府京都市中京区烏丸蛸薬師下ル手洗水町645 flowing KARASUMA 2F
    Tel:0752135839
    E-mail

    公式サイト 

    体験談・雰囲気

    このインターンの体験談

    ◎インターン経験者より

    任期を終えて思い返されるのは、事務局の組織の一員として過ごす日々自体に大きな価値があったということです。KYOTO EXPERIMENTは舞台芸術に対して多種多様な熱い想いを持った人達が集っている場所です。この業界に興味のある人なら、そんな中で一緒に仕事をして面白くないわけがありません。そして、業務は日々の細かいことから、プレッシャーを感じるくらいやりがいのある仕事までピンキリでした。本当にリアルで贅沢な経験だったと思います。この経験は必ず、観客側からは見えることのなかった舞台芸術の面白さ、舞台制作の魅力を知るチャンスとなるはずです。
    (多摩美術大学卒業生/フェスティバル運営コース)

    舞台美術に興味があったのがきっかけでしたが、インターンの最中に、演目一つについてもさまざまな役割があることを知り、それを見て体験することでより広い視点から舞台を考えるようになりました。ほとんど知識のない状態でテクニカルインターンとして参加しましたが、会期前の準備からはじまり、会期中の現場のあれこれまで全体の流れを身をもって体験できました。ある期間だけではなく初めから通して見ていくことができるのは、とても貴重な体験だと思います。
    (京都工芸繊維大学3回生/テクニカルコース)

    このインターンの雰囲気

    アートイベントの運営の現場といってもいろいろあります。

    準備期間中の運営は意外と穏やかで、着々と物事が進行していきますが、

    変更事項も多く、自分で考えること、臨機応変な対応が必要です。

    いっぽう、イベント開催中は即時の判断が求められ、体力・精神力ともにとてもエキサイティングな現場となります。

    インターンでもスタッフと同じ行動や業務を求められることも有り、緊張感も伴いますので、自立性、自発性が必要とされます。

    特徴
    • 初心者歓迎
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:10%、女性:90%

    団体情報

    Square tiny bf8309296a author image 72874 user
    Square small bf8309296a author image 72874 user

    京都国際舞台芸術祭実行委員会(KYOTO EXPERIMENT事務局)

    代表者

    KYOTO EXPERIMENT プログラムディレクター 橋本裕介

    設立年

    2010年

    法人格

    任意団体

    京都国際舞台芸術祭実行委員会(KYOTO EXPERIMENT事務局)の団体活動理念

    京都国際舞台芸術祭実行委員会は、京都から世界へ向けて発信する国際舞台芸術祭「KYOTO EXPERIMENT」を2010年より開催しています。

    毎年秋に開催され、日常を打ち破るような、実験的・先鋭的な公式プログラムとそれを取り巻く数々のプログラムを開催しています。

    未来の舞台芸術史家が必ずやその業績に触れるであろう舞台芸術の第一人者たちが、国内外より10数組参加、また、オープンエントリーのフリンジ企画や外部キュレーターによるショーケース企画、ワークショップやトークイベント、現代美術家によるパフォーマンスや展示など、関連プログラムも多数開催し、年々開催規模を拡張しています。

    京都国際舞台芸術祭実行委員会(KYOTO EXPERIMENT事務局)の団体活動内容

    KYOTO EXPERIMENT京都国際舞台芸術祭とは、2010年より始まった京都で唯一の国際舞台芸術祭です。

    その名のとおり「創造するフェスティバル」として、アーティストと共同で作品を製作する取り組みに重点を置いています。9回目を迎える今回も、アジア、ヨーロッパ、南アメリカ等から今注目すべきアーティストを迎え、演劇やダンスのみならず美術、音楽、デザイン、建築にまたがる実験的な作品が京都に集います。

    京都国際舞台芸術祭実行委員会(KYOTO EXPERIMENT事務局)のボランティア募集

    京都国際舞台芸術祭実行委員会(KYOTO EXPERIMENT事務局)の職員・バイト募集