こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 【高校生へのキャリア教育×ワークショップ】大学生運営メンバー募集!!

    更新日:2017/05/16

    【高校生へのキャリア教育×ワークショップ】大学生運営メンバー募集!!

    Unicul Laboratory
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    2451e3e299-12696844_908556432592690_767169071_o.jpg

    皆さんが大学選びの時悩んだ経験を後輩たちに伝えてみませんか?

    活動テーマ
    活動場所
    • 東京

    東京都内・関東圏の高校

    必要経費

    無料

    交通費

    活動頻度

    週0〜1回

    募集対象

    キャリア教育に興味のある方
    高校で授業をしてみたい!という方
    ワークショップに関心がある方

    注目ポイント
    • 高校生の将来を一緒に考える中で、大学生の側も自分の歩みを振り返り、将来について考えるヒントを得られる
    • 高校でのワークショップ実施を通じて、教育現場の現状・課題を直に知ることができる
    • 多様な大学・学部から集まった学生や「教育」についての熱い思いをもった人と関わることができる
    募集人数

    10名

    募集詳細

    将来やりたいことが分からない…

    大学に行って何を勉強すればいいんだろう…

    高校生のときにそんな悩みをもったことはありませんか?

    また実際に、なんとなく大学に来てしまった…と感じていたりしませんか?

    いっしょに高校生の"針路"選択に協力してくれる方大募集中!!


    わたしたちUnicul Laboratoryは独自のビジョン教育プログラム<Queque>を通じて

    高校生が「楽しく」針路を考えるお手伝いをしています。

    高校生のお手伝いを通して、自分自身を振り返る機会にもなるはずです。

    自らの経験を高校生に伝えたいという方、高校で授業をしてみたい!という方、キャリア教育に興味のある方、ぜひ一緒に活動しませんか?


    【活動内容】
    ・高校でのプログラムの企画・運営(1つの高校を1~2人で担当して運営します)

    ・中高生を対象としたプロジェクトの企画・運営(各プロジェクトでチームを結成します)
    ・Unicul Laboratoryの組織運営


    < 詳細>
    コアメンバーは4つのチームに分かれて活動しています。関わり方は様々です。
    【総務】新規実施校の開拓、プログラムの内容検討
    【広報】SNSでの情報発信、ウェブデザインなど
    【人事】メンバー募集のためのイベント企画、新人研修

    【運営】全体ミーティングの指揮、会計、その他組織運営


    【活動頻度】
    コアメンバーのみでのミーティングが2週に1回あります。(第二・第四日曜午前2~3時間程度)
    その他の活動頻度は、担当する企画により異なります。(基本的には第一・第三日曜午前に)


    <高校企画の正副責任者になった場合>
    高校の先生との打ち合わせや、当日スタッフとの打ち合わせが不定期にあります。
    普段は大体週1回程度顔を合わせた打ち合わせ、残りのやりとりをオンラインのチャットで行っているイメージです。

    高校でのプログラム実施前後1週間は直前の準備や反省会・アンケート集計などで忙しくなります。


    <運営・広報などの事務作業を担う場合>
    基本的にはオンラインのチャットで各自の担当する仕事を進めます。


    ■活動から得られること
    ・立ち上がって3年程度の団体なので、組織づくりや活動の拡大の過程を自ら担うことができます。
    ・高校でのプログラムの設計から当日の実施、当日スタッフのマネジメント等を一通り経験できます。
    ・高校の先生とのやりとりや、高校でのワークショップ実施を通じて、教育現場の現状・課題を直に知ることができます。

    ・「教育」について熱い思いをもった人たちと一緒に活動することができます。
    ・多様な大学、学部から集まった学生と交流することで、様々な刺激を得ることができます。
    ・高校生の将来を一緒に考える中で、大学生の側も自分の歩みを振り返り、将来について考えるヒントを得ることができます。
    ・何より楽しい!


    対象】

    ・大学生・大学院生の方

    ・教育に関心を持っている方

    ・高校生と関わってみたい方


    <Quequeとは?>

    現在の社会は雇用形態をはじめとする従来の「スタンダード」が崩壊し、自らのキャリアを主体的に構築していくことが求められています。

    そのような環境の中で、高校生が納得のいく進路選択を行うためには社会のことや身の回りのこと、自分自身についてなど様々なことについて関心を持ち、視野を広げていくことが必要です。

    Quequeはワークショップを通じて自分自身の視野の広げ方、身の回りに対してのアンテナの張り方を伝えることを目的としています。

    Quequeは以下全4回のワークショップからなります。


    ○第1回:社会との関わり方を知る

    身近な街を舞台に、普段自分が社会を見ている視点を確認しつつ、他者の視点で社会を見る体験をします。
    社会は様々なモノ・サービス(=価値)で成り立っていることに気づき、最終セッションにおいて、そのような社会に参画する疑似体験をします。


    ○第2回:あこがれの発見
    前半部では、ゲスト(第一線で活躍する社会人)の経歴を題材に、路線図に見立てたゲームのセッションを通じて、、人生の選択肢とその組み合わせの多様さ・生き方の自由さに気づく機会を提供します。
    後半部では、前セッションで出てきた疑問をゲストに直接ぶつけ、人から人生観を引き出し、人生設計のヒントを得る体験をします。


    ○第3回:オーナーシップの醸成
    "ドリームプロジェクト"という会社の営業マンに扮して、クラスメイトの「夢」の実現方法を考え、提案するロールプレイングを行います。実際に「夢」を実現する方法を考える体験をしつつ、障害克服の方法や夢が実現するイメージを持つことの大切さを体得してもらいます。


    ○第4回:自分の価値観と向き合う
     第1回~第3回をおさらいしつつ、チュータープログラムに向けて具体的なプランを描くことを目的とします。前半では将来の夢を「無人島」、夢の実現に必要なステップを「寄港地の島」に見立てて、夢の実現に向けたルートマップを作成します。
    後半では「寄港地の島に辿り着けない場合」(=必要なステップが達成できない場合)どうするかを考えるゲームを通じて、自分の価値観をあぶり出します。


    • 4a86955f24-d71eb264944765a361d40211e521129b.jpg

      高校の教室を飛び出すワークショップも実施

    • 5fae4fb944-IMG_8535-300x200.jpg

      中学生向けサマースクール。中学生からも好評!

    • 3ff587a58f-12631040_574587279358467_1906203729_o.jpg

      ワークショップの様子

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 交通費支給
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん
    関連大学
    • 慶應義塾
    • 東京
    • 東京学芸
    • 法政

    法人情報

    Square tiny ca4597d5e1 482138 167808893344466 75787725 n
    Square small ca4597d5e1 482138 167808893344466 75787725 n

    Unicul Laboratory

    代表者

    小林暉

    設立年

    2012年

    法人格

    未設定

    Unicul Laboratoryの法人活動理念

    Unicul Laboratory(ユニカル・ラボラトリー)は「そっか!の新規展開」をコンセプトに、社会人と大学院生・大学生が協働している任意団体です。

    Uniculという名前はUniting to initiate cultivation(=(世の中を)耕すための初動を起こす)という言葉の頭文字をとった名前です。「きっと社会をより良く、面白くする」でも「誰も気づいてない、やっていない」ことに気付き、先駆者として社会に実装していく存在、つまりは未来の社会に必要な価値を考え、創発する実験室の様な存在でありたいという思いから、Unicul Laboratoryという名前を考えました。

    また、この思いを私たちは「そっか!の新規展開。」というコンセプトに込めています。

    Unicul Laboratoryの法人活動内容

    私たちが主に取り組んでいることは高校生向けのビジョン教育プログラム<Queque>の企画・運営です。

    約15名のコアメンバーを中心に、たくさんの方々のご支援を受け、現在まで首都圏5高校にて<Queque>のワークショップを実施し、社会科や総合学習の授業のなかで、<Queque>を高校生に提供してきました。

    <実施実績>

    ○渋谷教育学園渋谷高校(2013年5月、論文のテーマ選定への活用)
    ○文理開成高校(2014年1月・7月・9月、総合学習)
    ○埼玉県立浦和高校(2014年4月~6月、イギリス短期留学参加者の事前・事後学習への活用)
    ○東京学芸大学附属高校(2013年11月~継続中、生徒主体の放課後イベントとして実施)
    ○東京都立千早高校(2014年10月実施、選択科目「コミュニティデザイン」の授業)
    ○聖学院高校(2014年11月実施、社会科「現代の社会」の授業、2015年度11月実施予定)

    ○プラチナ未来人材育成塾 会津市でのプログラム実施(2015年8月実施)

    ○かえつ有明中学校(2015年6月、大学見学の学校行事の際にイベントとして実施)

    ○西武文理学園高校(2015年11月~継続中)