こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 【交通費宿泊費負担】大学生ボランティア募集!8月5日~9日山形県南陽市

    更新日:2014/07/23

    【交通費宿泊費負担】大学生ボランティア募集!8月5日~9日山形県南陽市

    日本財団学生ボランティアセンター + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    1-singly_volunteer_recruiting_22468main.png

    今年7月の豪雨により甚大な浸水被害と土砂災害が発生した南陽市への緊急ボランティアです

    活動テーマ
    活動場所
    • 山形

    南陽市

    必要経費

    参加費1000円
    ボランティア保険1400円
    食事代・銭湯代
    (東京駅から現地までの交通費は負担しますが、ご自宅から東京までの交通費は自費になります。)

    募集対象

    [応募条件]※原則として以下の条件に合致する方
    ・終了後、800文字程度の報告書を提出していただきます。
    ・心身ともに健康な18歳以上の男女大学生(未成年の方は、ご両親の承諾を経てからの参加をお願い致します。)
    ・被災者の立場にたって、被災者を助けようという心掛けを持つ方
    ・高い意識をもって参加できる方
    ・生活上のルールを守れる方
    ・寝袋など下記必要なものを持参出来る方
    ・お風呂に入れないなどの不自由にも耐えられる方
    ・出発場所(日本財団ビル)まで来られる方
    ・必要な持ち物を持参出来る方

    注目ポイント
    • 宿泊費・交通費負担!

    募集詳細

    今年7月の台風8号及び梅雨前線の活発化により多くの被害が発生しました。中でも山形県南陽市では、昨年の大水害に続いて今年も甚大な浸水被害及び土砂災害が生じました。南陽市の赤湯地区では約1200戸が床上・床下浸水し、地域住民が泥の撤去作業に追われています。そこで、Gakuvo では、南陽市に向けて学生ボランティア隊を派遣いたします。皆さん、力をあわせて、少しでも住民の方々のお手伝いをしましょう! 日程: 8/5(火)~ 8/9(土)[集合時間] 8/5 (火) 11時[解散時間] 8/9 (土) 18時頃(道路状況で前後します)[集合場所]  日本財団(東京都港区赤坂1丁目2番2号)1階ロビー○地下鉄銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分出口より前方、歩道橋の向こうに日本財団の看板が見えます。○地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」9番出口より徒歩5分外堀通りを虎ノ門方面へ直進右手ガソリンスタンドの先の8階建てのビルです。○地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」 3番出口より徒歩6分国会記者会館を左折、内閣府下の交差点を越え、外堀通りを渡った正面の8階建てのビルです。[解散場所]東京駅[活動場所] 山形県南陽市[宿泊場所] 現場近辺を手配しています。■近くの銭湯に行きます。(シャンプー等の用意をお願い致します。)※1回400円程度かかります。■寝袋をお持ち下さい。■食事は宿泊地から開いている飲食店もしくは宿泊地から徒歩5分のコンビニでお願いします。[活動内容]   被災ごみ収集、土砂の撤去、家財の運び出しなどの生活復旧支援など [お申し込み]【注】詳細・お申込みフォームはこちらになります。↑応募はこちらからお願いします。 ★その他の日程、過去の活動報告などは こちらのページ をご覧ください★ ★Facebookページも随時更新中!よろしければ「いいね!」をお願いします★

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    今年の2月に緊急支援ボランティアとして山梨県甲府市へ除雪ボランティアに参加した学生のアンケートを抜粋します。■力仕事など、動ける人材として役に立てれば、とだけ思っていましたが、色々な人に出会い、お話をうかがって自分自身の糧になる事は多く良い意味で驚いています。これから大学3年間をすごす上で時間の使い方に大きく影響するだろうと思います。■自分に出来ることなんて本当に少しなんだなと現実が見えたと同時に、それでも働く姿だけでも伝えられることがあるんだ、とか多少は役にたつことがあるんだ、ってことも分かり、実際行動してみることの大切さを感じることが出来ました。■雪かきはとても大変で、コンクリート地面が見えたときは、かなりの達成感を得ることができました。焦らず少しずつ、できることをやっていくしかないとは思うのですが、膨大な量の雪を見ていると、もっと活動をしなくては!と強く思いました。焦らず、自分にできる範囲で、多くの活動に取り組みたいと思います。■ボランティアという形で参加させてもらいましたが、私の方がいろいろな経験をさせていただきました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

    このボランティアの雰囲気

    (Gakuvoが派遣しているチームながぐつプロジェクトの雰囲気)経験豊かな引率者とコーディネーターが学生ボランティアを指導しますので、初心者でも参加しやすいです。1人で参加する学生がほとんどです。学生同士のコミュニケーションも活発で、他の大学の学生とも意見を交換できます。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 交通費支給
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気

    法人情報

    Mainvisualdefault
    Avatar

    日本財団学生ボランティアセンター

    ※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

    代表者

    小宮山宏

    設立年

    2010年

    法人格

    公益財団法人

    日本財団学生ボランティアセンターの法人活動理念

    日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)は、学生ボランティアの育成を目的に設立されました。チーム「ながぐつ」プロジェクトとして、東日本大震災の被災地へ数多くの学生ボランティアを派遣するほか、様々な取り組みを行っております。

    日本財団学生ボランティアセンターの法人活動内容

    ・チーム「ながぐつ」プロジェクト運営

    ・各種イベントの開催(セミナー、講座など)

    ・学生ボランティア団体向け基金-Gakuvo Style Fund-

    日本財団学生ボランティアセンターのボランティア募集

    日本財団学生ボランティアセンターの職員・バイト募集