こちらのインターンは募集が終了しています。

  1. 支援するのは"日本にいる子ども" 200人以上の社会人サポーターが仲間です

    更新日:2015/05/19

    支援するのは"日本にいる子ども" 200人以上の社会人サポーターが仲間です

    NPO法人ブリッジフォースマイル
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    1-intern_volunteer_recruiting_10761main.png
    活動テーマ
    勤務場所
    • 東京

    大手町

    待遇

    応相談

    勤務頻度

    応相談

    募集対象

    イベント企画、広報、営業。企画から実行まで、すべてお任せします。
    専門知識の高い社会人とともに進めるので、プロジェクトマネジメント能力が身に付きます。

    注目ポイント
    • 経験豊富な社会人とともにプロジェクトをすすめることができる
    • 任せられる範囲が広く、成長できる

    募集詳細

    ◆児童養護施設は、障がいを持った子どものための施設ではありません。全国約580箇所の児童養護施設には、家庭の事情で家族と暮らせない子どもたち3万人が生活しています。入所している子どもたちの9割に親がいて、6割は虐待を受けていました。生い立ちから、精神的、物質的に基盤が弱く、学歴が低い、コミュニケーション力不足等、課題を抱えた子どもが少なくありません。虐待を受けた子どもたちには、心の傷をいやすサポートが必要ですし、正しい生活習慣が身についていない子どもたちには、そのサポートが必要ですが、現在の児童養護施設には、そのための予算、人員体制がとても足りていません。◆様々な固有の事情を抱えた子どもたちに共通するのは、親の援助のない中、高校卒業と同時にひとり立ちをしなければならないことです。親のサポートが受けられない子どもたちは、施設退所後も継続的な支援が必要ですが、公的な予算もない上、施設職員も入所中の子どもたちの対応に手一杯で、十分にサポートできていません。頼れる大人がいない中、自立できない若者は、路上生活、生活保護受給、犯罪組織、風俗店など、日本社会の闇の中に消えていきます。生まれや育ちなど、自分ではどうにできない環境によって、未来に希望を持てない子どもたちが日本にもいます。◆支援プログラムは、問題が起こってから「対処的」に行うよりも、トラブルを未然に防ぐ「予防的」に行う支援に重点を置いています。例えば、退所前は、セミナーや社会人との交流を通して自立に向けた準備ができるプログラムを、退所後は、孤立しないネットワーク作りや困ったときの相談ができるようなプログラムを用意しています。ただし、サポートの薄い退所後は、トラブルが起こって当然。しかも緊急性の高い場合が多いです。どれだけトラブルを早期に解決できるかが、子ども達の立ち直りや、その後の生活にも大きく影響していきます。◆児童養護施設の子どもたちを支援したいと思う人々や企業は、少なくありません。ところが、寄付やボランティア活動などの善意が、施設に行き届きにくい環境があります。施設の子どもたちが必要としている支援内容と、社会が提供できる支援内容とに、ミスマッチがあるのです。有用な社会資源を的確に児童養護施設の中学生、高校生、退所者へつなぐ仕組みを作り、支援をする側も、される側も笑顔になるような社会を、自分たちの手で、創っていきます。逆境にあってもがんばろうと努力する、子どもたちへのサポートに関心がある方、仲間としてぜひ一緒に活動しましょう!◆募集人数1名◆勤務地東京都千代田区(東京駅徒歩5分、大手町駅徒歩5分、三越前徒歩3分)◆インターン契約期間即日〜(スタート時期は応相談)◆募集期間決定次第、募集を終了します。◆詳細はこちらからHP::

    体験談・雰囲気

    このインターンの体験談

    男性2名、女性6名 がいままでインターンとして活躍してくれました。

    特徴
    • 短時間でも可
    • 交通費支給
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん
    • 真面目・本気
    関連大学
    • 東京

    法人情報

    Mainvisualdefault
    Avatar

    NPO法人ブリッジフォースマイル

    法人格

    NPO法人

    ブリッジフォースマイルのボランティア募集

    ブリッジフォースマイルの職員・バイト募集