こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 熊本地震【現地交通・宿泊費負担】大学生ボランティア

    更新日:2016/09/02

    熊本地震【現地交通・宿泊費負担】大学生ボランティア

    日本財団学生ボランティアセンター
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    bb57df9d73-singly_disaster_recruiting_10442main.png

    震災復興にむけて、被災地の方々のお手伝いなどに携わる大学生ボランティアを募集します!

    活動テーマ
    活動場所
    • 福島

    熊本県益城郡益城町

    必要経費

    Gakuvo支援金1000円 *事前にお振込みいただきます。

    居住地の社会福祉協議会でボランティア保険天災プラン(最高補償額のもの)に加入している方のみ参加できます。
    *各自治体によって保障額や補償内容が異なりますので、必ず確認し、自己の責任において加入をお願いします。

    食事代など
    JR博多駅までの往復交通費

    募集対象

    [参加条件]
    お申込みは、下記URL(Gakuvo HP)からお願いいたします。(ACTiVOからはできません)http://gakuvo.jp/

    ・ボランティア保険天災Cプランに加入していること。
    ・心身ともに健康な18歳以上の大学生(未成年の方は、ご両親の承諾を経てからの参加をお願い致します。)
    ・期日までにGakuvo支援金を振り込めること。
    ・必要な持ち物を準備できること。

    注目ポイント
    • 現地交通費・宿泊費負担!
    • 今までに2000人以上の大学生が参加しています。
    • 志の高い学生が多く集まっています。

    体験談・雰囲気

    このボランティアの雰囲気

    地元の人たちが学生ボランティアを温かく迎えて下さり、初心者でも参加しやすいです。

    学生同士のコミュニケーションも活発で、他の大学の学生とも意見を交換できます。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 土日中心
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    Square tiny 9c5915a260 author image 317 user
    Square small 9c5915a260 author image 317 user

    日本財団学生ボランティアセンター

    ※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

    代表者

    小宮山宏

    設立年

    2010年

    法人格

    公益財団法人

    日本財団学生ボランティアセンターの法人活動理念

    日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)は、学生ボランティアの育成を目的に設立されました。チーム「ながぐつ」プロジェクトとして、東日本大震災の被災地へ数多くの学生ボランティアを派遣するほか、様々な取り組みを行っております。

    日本財団学生ボランティアセンターの法人活動内容

    ・チーム「ながぐつ」プロジェクト運営

    ・各種イベントの開催(セミナー、講座など)

    ・学生ボランティア団体向け基金-Gakuvo Style Fund-

    日本財団学生ボランティアセンターのボランティア募集